キャラメルマキアートと辛酸

大切なこと忘れたまま大人にならないための日記

2017 12月

長いです。長文の癖に改行・推敲してません。レポではなく感想、どちらかと言うと日記です。一万字を超えた(12000字)ので一万字インタビューが物足りなく感じる理由が分かりました。

 

12月 濃かった~2017年最後の月って感じで素敵な月だった。師走はゲイも走るよ〜ってぺいちゃんが言っていたけど、私はゲイと走り抜けすぎた〜楽しかったから良し!自宅周辺にいた日が片手もないから電車に70時間は乗ってたと思う。切実に引っ越したい。まだ記憶強めにある。

2日、カ〇セン地獄。土曜昼だった。学校帰りに急いで向かったけど15分だけ間に合わなかった。人が沢山いた。間に合わない間に私が知りたかった話をしてたらしく聞きたかったなぁと思った。2人の学ランノスタルジスターも聴きたかった。バッテンマスクつけたミキぺい結局喋ってたような。最近やって無いからって二人が考えたセットリストとか煽りとか新鮮だった。mc大変だった~すごくミキちゃんとかぺいちゃんに助けられてきたんだなぁって思ってたって言われたぺいちゃんが言いたくない下ネタも言った~みたいなこと言ってた。私は過去のはなし全然知らないけど接触のレポとか読むとね基本的に下ネタをよく言う人のような気がしてたから個人的には意外な発言だったけれど、よくよく考えたら人並み以上に言ってきた私にだって言いたくないラインはあるし、でも空気次第でなんだかんだ言ってしまうからそういうことなのかなとか思ったりした。これからは言いたいときに嫌悪を抱かない程度に言葉を発せる世界になりますように。解釈違いだったら申し訳なくてでも一周回って笑ってしまうけれど。特典会列に久しぶりに長い時間並んだ。相も変わらず私は一人だったけど人の何気ない会話が好きなのでそれはそれで楽しかった。あと特典会で囲みとツーショですってだけで誰とって言われなかった時、ぺいちゃんがこっち来て腕の中に入れてくれたのをきっかけにやっぱ推しは最高だなと思った。

5日。すごく楽しみな一日で平常なつもりでもずっとフワフワしてた気がする。剃刀で間違えて指切ったり、初めて家にiPad忘れて駅で25分電車待って遅刻とかどうでもよくなって乗換駅でチョコケーキ買ったね。手紙が書ききれてなくて下書きを書きながら登校したら下書きを駅に落として八方塞がりだったけど全部布石だと思って運の乱数調整って言いながら一日楽しく過ごせました。どうしても髪をアゲアゲにしたくて美容室に行ったりもした。

ぺいにゃむにゃむ生誕祭。LOVEppeiars。愛。会場がキラッキラにデコられてて最高だった。生誕委員の方がつくってくださった黒ぺいと白ぺいのお面。ポスターのぺいにゃむにゃむさんがミラーボールにくっついてて面白かった。マイク逆さにして華麗に椅子に座って出てくるのですよ推しが、顔にストーンつけて。すごい緊張するって言って楽屋で机の下に潜ってたのほんっとかわいい。そんなことを感じさせない位キラキラした登場だった。自分にサプライズがないかってメンバーの鞄こっそり調べたりそういうとこなんだよなぁSUKI。きまるモッコリさんの使いかけのパフが出てくる鞄とは...サプライズはハクちゃんからケーキ。唐辛子入り(美味しい方)のザッハトルテお洒落。レジンで固めるって言ってた。前ブログで樹脂で固めるって言ってたのもあったような。きまるくんはイラスト。ひまわりの上にぺいちゃんがいるの~~!ミキちゃんはパオ、あのよくいろんなトコにある顔面鍛えるやつ。でもお金で解決するの嫌だからってウクレレでハッピーバースデーを披露してた。何度かやり直しの後完璧に弾ききっててここで完璧できるの流石だった。ぺいちゃんがうれしい、弾けてうれしい、それ見てうれしいって自分ミキちゃん自分って手をやってたのが凄く印象的だった。こうやって思い溢れて複雑な嬉しいを表現しちゃうの凄い分かる。自分は単純に嬉しいじゃなくて色んなワケで嬉しいんだって愛溢れて直接伝えるの、絶対伝えたいからそうするんだろうな。少し不器用さを感じて愛おし~ミキちゃん歌ってもくれた!しかもモノマネ、リクエストに応えてすぐできるのホントすごい。福山雅治のモノマネすきだ~もっとやって。本編は明るくて激しい曲多かった。心に刺さるマイサイでのミキちゃんのぺいちゃん最高。三原色で「キレイ キレイ なこの景色も~」なの所で黄色のサイリウム咲くのも最高の景色だったなぁ。黄色く光る明るさで客席を指したの本当にいつも歌詞を噛みしめてる人だと思った。

アンコールで生誕Tで出てきて手紙を読んでくれた。集団行動が苦手で明るい青春時代過ごしてないとか誕生日とか1人で過ごして泣いた年もあったとか誕生日とかクリスマスとか夏休みとかハロウィンとかのイベントごとが苦手で、でも二丁ハロ二丁魁になってそういうのも一緒に楽しめるようになってみたいなことも言ってた。凄く共感してしまった。イベントごとが苦手でハロウィンも一生しないんだろうなとか思ってたし、だから規模も状況も全然違うけど同じだってその瞬間すごく身勝手に思った。私は出会って青春のうちに救われることができたから。きっとこれからもイベント事は楽しいよ。それと夏休みの事、夏休みが得意じゃないことを感じる人が自分以外にいて、それが大好きなアイドルだったなんて思いもしなかった奇跡。夏休みのあの寂しさに蓋をしてたところからどばぁーって感情と涙が止まらなかった。ちょっと前に夏にって寂しくて空しいって思ったくらいで、でも学校生活は苦手だし人と上手くやってけないんだよなって思った。あとこういう時に一人称がぺいになるとこグッとくる。誕生日は産んでくれた人にも感謝する日みたいなとこで“ぺいにゃむにゃむを生んでくれたミキティー”って言葉が聞こえて感極まった。ワンマン前後の救い上げてくれた発言といい、私この人がミキティー本物さんに対して表現する言葉が大好きだなあと思った。それと、この時おなカマに向かって生まれてきてくれてありがとうとか出会ってくれてありがとうとか投げかけてくれた。もうファン冥利に尽きると思いました。こんなに想ってくれるんだって、なんて慈しみ深い人なんだと思った。だいすきって言葉を気持ちを伝えてくれてその後でも、ふと「...伝わってるかな?」って言うんです。伝わってるよと伝えたい。ふと見せる自身の無さとかもこの人の魅力。しんみりした所で一曲『NIGHT OF FIRE』。好きすぎる。推しがパラパラしてるって嬉しくなり過ぎた。まだ二丁魁に出会う前の夏休みにハマってこの曲のサビを深夜に覚えたので凄くテンアゲ。肝心の振りが思い出せず丁度曲が終わる瞬間に思い出した。あともう一回サビがあれば一緒に踊れたのに。もう一回チャンスが欲しい。気が動転して特典会で誕生日おめでとうも言わずにこの曲の話した。このあとのワンスからカエルの流れがらしさ満載で素敵。月並みな表現だと生まれてきてくれてありがとう、伝わるかわからない私の言葉だと生きて私の見つけられるとこまで来てくれてありがとう、です。生まれてきてくれたことよりここまで生きてくれて出会えたことが嬉しかったなぁ、そんな一日。

9日、新宿区若者のつどい。ステージ大きい。フィロのス見れなかったけど2回も加茂さんとすれ違った嬉しい。余談、この日の朝学校で考査中だったのでモンスターを飲んで飲み終わった缶をマイクに見立て生誕の登場の真似をしたら残ってた液体を派手に頭から被り爆笑される。そしてそのツイを推しに見られる。特典会の場所が蛍光灯の明るい下で、いつもと色彩が変わって見えた。縷縷夢兎衣装のミキちゃんを見たらなだれ坂思い出してテレビの中から出てきた人みたいだった。ライブはステージがとっても大きくてビックリした。1人だったし着席で恥ずかしすぎて叫べなくてモヤモヤするやつだって思ってたけど周りに沢山おなカマさんいてアガってたので私もアゲになれた。まるもうけのきまるさんの良さに気づく回。立地が良いので新宿区に住みたい。

13日、トニ◯ン地獄。来てよかったよ〜。学校の親友と福山雅治10代ライブぶりにライブ参戦。10月からずっと行きたかったので嬉しい。一曲目はミキぺいまるもうけ、楽しい。一曲終わるごとにトークで面白かった。普段はわんこそば。トークで一問一答的なやつ。50の質問みたいなやつ大好きだから嬉しかった。以下当日に取ったメモより。ミキちゃん。元カレの話。1番長かった彼とは3年付き合って同居もしてたって、他の彼とも長続き派で3人くらいしか付き合ったことは無い。最近クリスマス前に元カレから連絡来たから何かと思ったらいらない洋服頂戴って連絡でスタンプで返信。嫌いな男のタイプはレジでクーポン探しまくってる男ででも百恵ちゃんもしてたとか。なりたいアイドルの顔は矢川葵ちゃんで理由はいつでもすっぴんでもかわいいからで、なりたくないアイドルの形はカミヤサキちゃんで理由は仲はいいけどわたしは坊主にはしないから。好きな男のタイプを聞くより嫌いな男のタイプを聞くのが好き。ぺいちゃん。最近ハマってることは全裸ツイスターゲームで家族としてる。今日好きな曲はそっ閉じ青春。活動で1番楽しかった時は今で楽しいを常に更新中。1番無理だったのは対バンで最前がスカスカの上に2列目以降が地蔵だった時期。三途の川みたい。嫌いな男のタイプは店員にタメ口きくひと、う〜ってなるらしい。ミキちゃんもぺいちゃんも普通に唾吐く人は無理らしい。初めての恋愛的なキスは20くらいで遅咲き。最後は二丁ハロ加入前だから5、6年前。加入後彼氏がいたことがないらしい。最後に付き合った彼と別れた理由はあたしが好きじゃなかったからで周りに付き合ってみたら好きになれるよと急かされたから付き合ったけど結局ダメだった。故に、あたしが好きにならなきゃ好きになれないから付き合えないと仰っていた。ミキちゃんは急かされたら付き合うかもらしい。ふざけてママとキスするぺいちゃん仲良しだね…特筆すべきは初めてのキスの定義決めてる時とかその話してる時のぺいちゃんの顔がほんとかわいいのと、初めてのキスはいつ?はたちくらい、遅咲きなの!のあとに誰と?……好きだった人って照れながら照れ隠しで笑顔でいったのぺいにゃむにゃむさん……きまハクの自己紹介をミキぺいがやった時ミキちゃん希望の魁って言ってた。白鳥さんの肌はメイクで3トーンあげてる。終演後ステージのカーテンの中で着替えてるミキちゃんを鶴の恩返しみたいって言ってた。白鳥白鳥はキッスでなく接吻と言わなきゃいけないキャラらしい。キッス……メモにかけ湯って書いてあるけど何だろ…忘却の恐怖。特典会でいつも肩こり気にしてくれるミキちゃん。ぺいちゃんは友達にがーばんぐるをよろしくねって言っててママかと思った。強くて可愛くてギャルで理想のママだよ。産まれたかった。

16日、FUNKY BUT CHIC vol.19。フィロソフィーのダンス定期公演にGANG PARADEがゲスト。50分くらいずつ。つどいでフィロのス見れなかったのが悔しすぎてつい行ってしまった下北沢。カップケーキが美味しい古着の街。ギャンパレは最新アルバムを予習していったけど良い曲が多い。登場BGMがとても良いです。MC少なめでたっぷり盛り上がれた。ヤママチミキちゃんが好きかも。TIEはサビでフロアで跳ぶの楽しいだろうなと思った。pretty pretty good はサビを聴いたらもう虜になっちゃう。エアギターみたいな振りが癖になる。愚連隊行進する曲めっちゃ楽しい。Plastic 2 Mercy 好き、やっぱめっちゃいい曲。ココちゃんが予想の何倍もカッコよかったです。ユウカちゃんが気怠げなオーラあるのにステージ上では色んな表情でそれが凄く魅力的だった。ユーイーガ、ドクソン。今キテるって感じの勢いがハンパなかった。絶対また行きたいしその時にはサキちゃんがいてもっと強くて楽しそう。

www.youtube.com

フィロのスは横ノリノリノリだし踊り楽しい曲が沢山。フィロソフィーのダンスは出会った時にこれはハマる、と確信した。まず作詞やらその他イロイロを好きだったふぇのたすのヤマモトショウさんがやっていて、プロデューサーがそのふぇのたすとかBase Ball Bearとか赤い公園とか相対性理論にあのクリトリック・リスまで手掛けた人で、その上ミキティー本物さんが入れた振付が沢山あるんだよ。楽曲はどことなく昔のSMAPを想起させるような居心地が良いのが多くて、メンバーが可愛くて歌が上手い。ハマるしかないじゃん?などと親にオタク特有の早口と勢いで述べてたら、あなた友達いないでしょ、学校で話についていける人絶対いないわ、と言われ当たり前じゃんと逆ギレかましてしまった。どうか私の好きなものたち、もっと有名になってください、友達がほしいです。

ライブ初見の感想。アイム・アフター・タイムのサビの振りがメチャメチャ好きだし、ラスサビ前のDJはすかわいい。ミスティック・ラバーの逆さマイク見た時鳥肌立った。新曲のクリスマスのXでXジャンプするの可愛いし楽しいしクリスマスシーズン以外にもやってほしい。パラドックスがたりないが中々ライブでやらないって話に驚いた。DTF!ライブで超楽しい曲。すききらいアンチノミーはサビの手が良い。この曲も、好きだ!アンコールでダンス・ファウンダー。絶対絶対聞きたかったから無い訳ないと思ってたけどドキドキした。やっと新しいダンスをフルで見れて良かったです。最高曲です。おとはすの低音がサビ前にバッチリ決まって観客がウァーって盛り上がれる時間があってからサビでドーンって新しいダンスを踊らせてあげるってくるのヤバい。何度でも聴きたい。全体的にCD音源(素晴らしい)以上だったから度肝抜かれた感じ。MCで次回の定期公演の話してた時、ミキティーって叫んでる人いて流石世界一有名なゲイアイドルだって思った。ハルちゃんマリリちゃんは本当に歌が上手であんぬちゃんはTHEアイドル最高だしおとはすは推しです、絶対的推し好き。アンコールで集合写真なかったのは少し悲しかった。2マンで絡まないことってあるんだと思った。普通にヤマモトショウさんとか加茂さんがいて驚いた。ヤマモトショウさんとか数か月前はステージ上にいる所を客席から見てたし、ふぇのたす好きだったから不思議な感覚になってしまった。特典会は握手だけ。ステージより体が小さくて驚いたしすごいなぁって思った。絶対また行くって思いで券持って帰ってきた。

21日、CIVILIAN ONE MAN Tour “Hello, civilians~全国編~” ファイナル 恵比寿。有田さんは渋谷と言っていたが恵比寿。白いカレーうどんがおいしかった。 前に来たのはまだLyu:Lyuだった頃のGOOD ON THE REELとのツーマンだったリキッドルーム。確か中学の修学旅行中に対バン相手が発表されて部屋で大騒ぎしたような。期末考査中の日曜で行かない予定だったけどすぐチケット取りましたね。あの頃は真面目でした。これ以降考査中のライブは私の御家芸になりました。GOOD ON THE REELが初期曲いっぱいやってくれた日。

話を戻します。この日のライブは最高でした。昔からある好きな曲が聴けた訳でも無いのに私にとっても最高と言えるライブでした。「2017年12月21日のCIVILIANを始めます。」このコヤマさんの言葉から始まるライブが好きです。eveから始まり明日もし晴れたらで終わる本編がアルバムと同じで大好きです。アルバム曲を初めてライブで聞いた。曲の前に言っていた言葉を帰りの電車でメモしたものがあるのでそれを基に書きます。出来れば一言一句正しく覚えて残したかった。そのくらい素敵な話でした。ハイテンポな曲が続いた後、 次の曲(どうでもいい歌)について話すコヤマさん。「アルバムの曲の中にふざけた名前の曲があります。でもこの曲の歌詞は俺たちミュージシャンがにとっては全然どうでもよくありません。好きなように体を揺らして聴いてください。そのために作った曲です。」そのために作られた曲なら私だってもっと好きなように感じようと思って肩が少し軽くなった曲。歌詞とは反対に明るくて爽やかで盛り上がるための曲ならいつもの自分忘れて明るく盛り上がれた。生者の行進曲中、コヤマさん。「俺たちがLyu:Lyuという名前で活動していた頃この曲みたいな曲を歌うバンドが大嫌いでした。でも活動を続けて行くうちに、正直いけ好かないと思ってたあのバンドもこのバンドも皆頑張ってるんだなって事を知りました。この曲を作ったときみんなが予想以上に反応してくれて手を上げてくれて、声を返してくれて、この曲を作って良かったと心から思いました。」手を上げて聴くようなバンドが得意じゃなかった事も、その思いが少し変わった事も気づいてたよ。それでバンドが前に進んだなぁとも思ってたから、この曲を作って良かったと心から思ってくれて良かった。初めて見た時、MCですら消極的で演奏するものが全てだからMCなんて出来ないし聞かないでいいみたいな鋭く尖った雰囲気を纏ってたフロントマンが明るくなってていい意味で変われたんだなと思った。この曲はアニメの主題歌がやりたいと公言してたからOPになるって聞いて嬉しくて、明るいのに歌詞も音楽もCIVILIANのものでそこが凄いって思ったし嬉しくて初披露の時は下北沢のライブハウスで泣きながら聴いてた。これが初めてライブ中に泣いた出来事。今回もそんなMCを聞いていたら涙が出ない訳が無いんだ。大泣きしながら笑顔でオーオーオーオーオオーって歌ったよ、そしたらこっちの方を見てその後斜め下見ながら凄い自然な、笑顔が苦手な彼の心の底から最高だって思って笑ったような、そんな笑顔を見せてくれたんだ。私は2列目にいたから他の人はあんまり見えなかったけど私の斜め前の人も泣いてたし笑顔だったからそんな素敵な景色見て笑ってくれたのかな。そうだったら嬉しい。ハロ/ハワユでラーララって皆で歌った時も、なんでかそんな事とか思い出して私泣きながら笑顔で歌ってた。どこかのMCで有田さんが曲たちのことを “コヤマが書いて俺たちが完成させた曲” って言ってたのが素敵だった。明日もし晴れたなら はやっとまたライブで聴けたのが嬉しかった。改名ワンマン以来恐らく一度も聞けなかった曲で、Lyu:Lyu時代にやっとの思いでどうにかしてコヤマさんが書き上げた曲、私が忘れられなかった大好きな曲。曲前にコヤマさんが「Lyu:Lyuという名前で活動していた頃沢山沢山曲を作りました。ある時、どっかの偉い人や親戚とかが口を酸っぱくして言っていた当たり前のことを当たり前と思わないことを俺たちは全く理解していなかったことに気付かされた。曲を作ってリリースをしてって当たり前のことが出来なくなって、それでも必死にライブをしました。何年も明けない夜に居て、いつになったら朝日は登るのだろうって思ってた。」と言っていてそんな時に作った曲だと言っていた。試聴会の時に聞いてはいたけどライブで聞くとまた心が痛い、涙が止まらない。好きになってすぐの頃、シングルが一枚出てすぐ後にライブDVDは出たけど、その後ぱったりリリースが無かったこと。ライブにいつも圧巻されてたからあまり考えなかったけど薄々気づいてはいたんです。まだ若い、これからどんどん成長していくバンドのCDリリースが2年以上も途切れるなんて何かがおかしいって感じてはいたんです。その期間のことを明けない夜と言っていて、あの時ステージから大好きな音楽届けてくれた彼らは想像以上に苦しんでいたんだななぁ、気づいてあげたかったけど気づかせない所プロだなと思った。明けない夜に居ても3人は光ってたしずっと目を離せなかったんだからこれからはもっと楽しみだとも思った。そんな時間が長かったからこれからは勢いつけて進んでいくみたいな事も言っていて、この人たちもこれからの話を沢山考えてくれるんだって思って嬉しかったし安心した。アンコールでディストーテッド・アガペーLyu:Lyu時代に唯一誰かの為に歌った曲だと思ってる。ラスサビ前がいつもずるい、優しすぎる。そして初めて3人が集まった時がむしゃらに作った曲だと言って最後に空-カラ-を演奏してくれた。最初に作った曲がこれってもうその時から前途有望すぎるでしょ…最高のバンドだって思った。最高なバンドの最高なライブ。

24日、ゆるめるモ!がリリースイベントで船橋にいると聞き、近くにいたので足を運ぶ。この時期逃げない‼︎をリピしてたので聴けて嬉しかった。ようなぴちゃんの声が好きだなぁ〜。終了後友達をキャッチして駄菓子屋に行ったのでクリスマスイブひとりぼっち回避です。

27日、魁忘年会。阿佐ヶ谷ロフト、初めて二丁目の魁カミングアウトさんに会った場所。いい街、駅前にゴンチャあってビックリした。ランチでチキンライス食べたくて西荻窪行って、高円寺で古着と対峙して、開場の数時間前に阿佐ヶ谷に着いて、前来た時迷ったから場所の確認してサンマルクでこれの10月を書いた。単身で乗り込んだのは相変わらずで一人だと席が決められなくて挙動不審。オリジナルメニューのノンアルコールカクテルを頼んだ。グレナデンシロップが分かった自分に感動した。

ゲイメモリー(冊子)が配られ2017のイベント一覧が書いてあるんだけど初現場漏れてて、私そういうとこあるよね〜などと思ったけどこのくらいのアンラッキーむしろラッキー。他にも漏れあったししょうがないと思います。見返すと本当夏を一緒に過ごしたかったなぁって思います。レインボープライドのとこでゲイのお偉いさん(?)に褒められたって言ってて、“たくさん捨てて一つのことに集中した結果”って形容されてたのが印象的。見えない所で努力してるだけじゃなくて、当たり前だけど沢山のこと捨ててきたから今の二丁目の魁カミングアウトがあるんだなぁとしみじみと思ったり。生きるって沢山の選択肢を切り捨てて行くことだけどアイドルとか芸能人が生きていくのに捨てる選択肢の数って一般人よりずっとずっと多いと思います。アイドルしててくれてありがとう。一年の振り返りした後、懺悔コーナー自分の写りの良い自撮りをアップする黒きまるモッコリさんとそれにふざけんなって言うぺいにゃむにゃむさん2人とも最高にすきだ〜。avexの2000年のオーデション受けたらしいミキちゃん、私その時産まれてたかな〜???添い寝のくだりでウン年前の添い寝思い出すぺいちゃん〜あったかいの〜ってかわいいなぁ。相手の息の音をキスで止めるぺいちゃん〜。即座にキモって言うミキちゃん〜。その時ぺいちゃんが冷えで起きるって言った時末端冷え性だからって言ってたの最高に萌えでした。凄く最高に偏見だし本当に苦しんでる人には申し訳ないけど冷え性って若い女の人が軽率に使うイメージがあって、そのワードをぺいちゃんから聞けたのが若い女〜ってなったし、末端が付くだけでリアリティも増すからドキドキした。末端冷え性、推しが言うだけでパワーワード。ぺいちゃんがLINEやってませんって嘘ついてたことよりその時期にLINEが存在してたことに驚きました。LINEもうそんな前なのか。特典会、パーカーだろうと踏んでたのでパーカーで来て良かった。お揃いのポーズで撮ったの宝物チェキだし1番上手く撮れたかも、パーカー写ってないけど。ぺいちゃんに寄り目で笑顔のできる?って聞いたら凄く普通の感じでいいよって言われてしまいオタクギャップにやられる。ポーズ指定したの初めてだったかも。このために寄り目を覚えたばかりだったから上手くできるかドキドキでしたね。撮ってる時にすごーい、骨格が似てる〜と言われたけど骨格が似てるってなんだ?

30日、久しぶりの2現場回し。コミケにゆったり行こうと思ったら行きの電車で目当ての完売を知り、やる事が無くなり、このまま横浜行くのが悔しくて田町で降りて会場確認して白金高輪まで散歩した。その後ごはん決められなくて中華街に1人で行って肉まんと小籠包購入。その後みなとみらいで母と合流しパシフィコ横浜へ。

福山☆冬の大感謝祭 其の十七。毎年恒例、同級生の両親もいたらしいが、本当に夫婦参戦が多い。席が花道の脇から2列目で1番近い時はとても近かった。ステージ上でマシャ自撮り、へたっぴだったけど顔面の良さがカバーし過ぎである。好きって言っちゃってた曲特集トリは蛍だなって思ってたので当たったのも嬉しいし好きな曲だから聴けたのも嬉しかった。想も聴けて嬉しかった。一番近い所にマシャが来た時、ナチュラルに抱かれたいと思ったから福山雅治すごい。フェロモンの放ち方が凄すぎるし絶対半径十数メートルの人間の心と身体奪ってる。好きな曲でもある明日の☆SHOWを聞いた後、母を置いて一足先に会場を離れ、ダッシュし2現場目へ。久しぶりの全力ダッシュ

DDD。どうしても二丁目の魁カミングアウトの白金高輪SELENEでのステージが見たくてトリなら間に合うかもと思い参戦を決めた。新曲も聞きたかった。ダッシュしたからなんとかゼアゼアさんが終わった頃に着けた。でもゼアゼアさんも本当は見たかった。美しい映像をバックにパフォーマンスをするの最高だった〜来てよかった。 BUG IS LIFEの“探した”の所が大好きすぎるので毎回意識して見ちゃうんですけど、この日はいつもと違うってなんか思ったんです。後で上がった動画見たらやっぱりいつもと手の動かし方が違ってるので見てほしい。前に手が一瞬出てるんです。霞を掴んで引き入れるようなそんな手の動かし方が探したって歌詞と凄く親和してていつにも増して心にグサグサきた。

www.youtube.com

この日はマイノリティーサイレンも思い出深かったです。急いで入ったから適当なとこに入っちゃったし、元々人との物理的な距離の取り方がわかんなくてよく失敗するのもあってか、丁度4列目辺りにいたのに肩組めなかったんです。あーまたやっちゃったのかなぁ、会場明るいから見えてたら恥ずかしいな、肩組めなくて申し訳ないなぁって思いながら揺れてたら少し後ろにいたおなカマさんがわざわざ肩引っ張ってくれて後ろの列に混ぜてくれたんです。本当いくら感謝しても感謝しきれないし、危うくその場で泣くとこだった。少し後ろめたい気持ち抱えたままライブ納めしないで済んで良かったのはあの時手を差し伸べてくれた人のお陰です。きっと何気ない行為だったかもしれないけど私にとっては数年分の人の優しさに触れたようでした。新曲はテンポが速くてダンスが激しい気がした。サビのミキハクからきまぺいに変わる所がとっても好き、アツくなる。歌詞だと“崩れ散った努力たちに群がる人が結局一番賢いのかな?”ってとこが好き。30分だったし、いつもの地獄とかより曲数も少なかったはずなのに満足感が凄かった。今まで割とワンマン主義というのかそれ以外を知らない田舎者(ワンマンがあるから東京に出るみたいな感覚)だったので、話には聞いていたけどお金払ってみる対バンも最高だなって思った。新しい発見です、贅沢な趣味だとわかっているので無理の無い範囲で楽しみます。特典会で年納めに推し(アイドル)と男子トイレの話をしました。それと年越し来る?と聞かれたけど行けないと答えました。残念無念許可が下りなかったんですよね...行けなかった心が報われたがってるのでまた来年も再来年もやってくれると嬉しいです。聞かれたときに限って直近が行けないのは何なんでしょうか、謎現象ですね。でもよいお年をって帰り際に言ってくれたのは嬉しかったです。

 

他にも小学校の同級生の親友と焼肉で話し込んだり、部活メンバーで6時間カラオケしたり色々して充実してた気がする。ダラダラ過ごす時間が少なくて幸せだったから体力続く限りこんな生活がしたい。

2017年はやっぱり二丁目の魁カミングアウトさんに出会えたことが一番大きい出来事かな。ホントツイッターを中毒ばりにやっててよかった~

マイベストライブはCIVILIAN(12月)と二丁魁のワンマンとぺいにゃむにゃむ生誕祭かな。よく考えたらライブ中に泣いたのはこの3つだけだなぁ。数えたら2017年のイベント本数は35本+αでした。前年比倍。予定だと10本だったんですけどね。まぁ幸せならOKです。正直資金繰りは大変だったけど悪事に手を染めないを絶対的モットーにどうにかしたので、来年もどうにかします。一番良かった本は「ラブセメタリー」です。生まれてこの方読書感想文など書いたことないけど初めて書きたいと思った。

耐えられなかった平成30年って響きにはまだ慣れないけどきっと下半期と同じで一瞬で終わるのだからどうでもいいです。1月は時間があれば書きたいけど時間が無いので無理な気がします。というかそろそろ勉強すべき。幸せに生きるための努力の期間にいつになったら私は入れるのでしょうか。今日も今日とて苦手なことは努力と継続です。