キャラメルマキアートと辛酸

大切なこと忘れたまま大人にならないための日記

【2018/06/22】なんか特別な日だった気がする。

 

2018/06/22 二丁目の魁カミングアウト@新宿LOFT


1.耳をすませば

2.三原色カタルシス

3.BUG IS LIFE

4.ウサギと賽子さん

5.人を好きになれる君は何度でもやり直せるんだ

6.そっ閉じ 青春

7.シワの数だけ被GAY妄想

8.ネコの恩返し

9.まるもうけ

 

 セトリTwitterより拝借しました。(本当にTwitterの方々、各方面に頭が上がりません。ありがとうございます。)

 

レポじゃないですが、記憶のあるうちに感じたこと、思ったことを書き留めておこうと思ったので久しぶりに。大好きな140文字じゃ収まらないから、収められないくらいの稚拙な文で書きます。


初めての新宿LOFT。奥行きが広くて、幅が狭い、ステージが低くて、高めの柵があった。後ろから見たらバストアップくらいしか見えないのではと思ってしまった。なぜか逆光になることが多くてステージの照明も低めで、あぁバンドのハコだって感じがした。こんな時は客席の顔がよく見えるのだろうか。おなカマさんをとても大切に思っているひとたちだから、遠くまで楽しそうにしているのが見えたらすっごく嬉しいのかなぁと思ってしまう。開演時間ほぼぴったりに客電が落ちて、ピンポンパンポーンが聞こえてくる。ここも全然覚えられてないな。記憶力仕事して。

1曲目は耳をすませば。唐突ですが、耳すまはじまりのライブが好きです。前奏と同時に上手から出てくるのでもう最高になった。ピンクの衣装でした。みつあみの部分が短めのぺいちゃんだった。間奏のぺいちゃんの煽り、気づいたらぺいちゃんの右足が目の前の柵にあって、「そんなんじゃアンナちゃん祝えねぇよ!」みたいなことを言ってた、気がする。さっきも書いたけれど、柵、普通に高いんです。CY8ERさんとの写真を見れば分かると思う...ステージは低いし、柵との間もそれなりにあって、今思うと片足で立ってたのかもしれない。身を乗り出してマイク持つ手と反対の手で煽って、それで片足だけであの細くて高い柵に立ってたのですか?そんなこと感じない位安定しててギラギラしていたな。こちら側に来てくれた瞬間、驚きで時間が止まってしまった。最前センター上手寄りにいたから、左足から頭まで全身のぺいちゃんを見上げられた。全身が余すとこなく、キラキラギラギラしてて美しかった。本当に全身全霊が最高のぺいにゃむにゃむさんだったんだ。

 三原色カタルシス。最高のファインダーだった。5月のシアターのファインダーが本当に印象的だったけど、すぐ最高を更新されてしまったなぁ。最前ドセンで推しに掲げたファインダー、ステージの奥行とかで距離感が丁度良かったからかな、自分の手をまっすぐ伸ばして掲げたファインダーの先にぺいちゃんのファインダーがあって、その中に世界一の笑顔があった。大好きな笑顔は、笑うと糸目みたくなるから確信なんて無いし、勘違いオタクだなって思うけど、ずっとファインダーの先で目があった気がしてすごく幸せだった。勘違いだと思っていたけど、特典会でいきなり三原色って言いながら笑顔にファインダー掲げてて、あぁずるい人だ、ライブ中のこと覚えててエスパーみたく人の気持ちを汲み取ってくれるひと。優しくて大好きな推しさんだなぁと思いました。こういう会場とか見る場所とかの巡り合わせで運良く見れた最高の景色ほんとうに大切だ。

BUG IS LIFE。ミキさんの意志の強い目がやっぱり好きだなと感じたのはこの曲だったろうか、とにかく全編を通してこの強い目に心を奪われてしまって、2月の仙台でのCY8ERさんとの2マンも赤モフのミキさんが強い目でとびきりカッコよくて美しかったことを思い出した。白鳥さんの所、「引き裂いてしまうから」の“ら”が少しドスの効いた感じで力がこもってて印象的だった。「汚れ汚し〜」のところはギリギリ表情が見えるかなってくらいの逆光で、視線を合わせるところのミキぺいが凄く映えてて、その後の激情を込めているぺいちゃんの表情が薄っすらとだけ見えた。綺麗だった。

ウサギと賽子さん。この日のステージと一番似合ってた曲だったなぁ。逆光だから陰が至る所に出来ていて、この曲の『静』の部分を強く感じた。暖色の白熱灯みたいな弱い照明だったかなぁ。手を伸ばすとひらひらの部分が正面だけ影になってそれが凄く美しかった。少し蓄光の素材なのもちょうどいい塩梅だった。呼吸の所、正面を向いた後の白鳥さんが本当に良くてステージが低い事をすこし恨んだ。もっと届くべきなんだ。生を得て、今にも破裂しそうな緊張感が凄まじい所。

人好き、「涙は落ちてしまうから〜」のミキさんが強くて凛々しくて大好きだなぁ。実は割といつも此処でケチャをしています。「誰にも見えないんだから 痛みは」で4人がそれぞれの所を向く所、今までは誰のことも見てはいけない気がして全体を見ていたのですが、最近はぺいにゃむにゃむさんを見てる。言葉で表すのが難しいのだけどすっごく微笑みかけるように、大丈夫だよって伝えるみたいな、愛に溢れて歌うのが何故か少し不思議だけど、とても好き。

そっ閉じ、この辺りから特に記憶がない。サバイ族の皆様のお陰でサビのうー!の所が凄く力強くてなんか好きだった(CY8ERさんのライブでうー!が聞こえるの気持ちが良くてお気に入りです)。シワGAY、ワンダーコアでミキティームの方が頑張れー!って言ってるのが面白かった。確かに愛ですわ。前述の通りステージ幅が狭いので移動距離が短くて足を小刻みにトコトコトコトコってして動くぺいちゃんが世界一可愛かった。こんな可愛いひといるんだ……ネコ、この頃にはもう4人とも汗でビショビショできまるさんの前髪がメチャメチャ水分だった。そういえば衣装のタオル…ぺいちゃんの煽りは覚えてないなぁ、祝いの言葉だったような、そうじゃなかったような。まるもうけ、最後の曲とミキちゃんかぺいちゃんが言ってて、大団円で終わるライブだ!好きだ!って思った。ひたすら楽しかった。最後に、私達現在HARD GAY SEASON中で月20本以上ライブしてます!ってこととアンナちゃんへ祝いの言葉を言って終わりだった。後半の記憶が本当にない。

 

CY8ERさん!思ってた以上にサバイ族の方も気さくな方が多かった〜2月で仙台で見て、3月にセレネで見た時と全然違っていて正直凄く驚いた!進化の具合がすごかった〜衣装が戦士みたいで良かった。アンナちゃんがカッコいい。一番後ろの壇上から見てたけれど、一人一人の声がとっても届いてきた。CY8ERさんオタクを支えに柵の上(多分)に完全に立つからびっくりした。細くてちっちゃくてあんなレスもらったら死んじゃうな。やみいちゃん、お腹が見えて、腕のタトゥーも見えてゾクゾクしちゃった。一番変化してた。どこかのゲイギャルさんが戦友だと思ってると言ってたけれど、本当にライブ中戦ってるみたいですごく強かった~ぺいちゃんと写真撮って上げてくれて感謝感謝!本当にその歳に見えないよ...りなはむちゃんは相変わらず完成してて、本当にあと1m深く知ってしまったら私は人生を狂わされてしまいそうって思う。マーキーのインタビューがとても面白かったです。見て。すごい人だと思う。この日の主役アンナちゃん。初めて見た時からパフォーマンスが『生』って感じで素敵だと思ったし、前見た時よりも他のメンバーとの一体感があって素敵さ倍増だったなぁ。声が綺麗。出てきて最初の一言目で「二丁目の魁カミングアウトさんありがとうございます」って言ってたり、事あるごとに「おなカマー!」とか「おなカマの皆さん」とか言ってくれたりですごく好感をもてたなぁ。ここにも、愛じゃん。

手と手が聴けて、やっぱり最後の「届くかな」が好きだなって思った。バラードっぽい曲とか初めて聞いた曲がとっても良かった。1人1人のパートが増えたみたいに感じて満足感が増してた。ましまし~。CY8ERさんは癖になる好きな振り付けがあるイメージが強い!ごーしゅーの緑のサイリウムがいっぱい焚かれるの生誕ならではでとてもいい景色。おなカマ!おなカマ!って煽ってくれるのもよくよく考えたらすごいことかも...圧倒的感謝!本当に凄く変わってて良くてビックリした。

対バン系の集合写真でこんなに笑ってるミキちゃんぺいちゃん初めて見た気がするのでCY8ERさんととても良い関係を築けているのだなぁと思い、心が暖かくなりました。生誕はハッピーだね!(えぇ推しかわいいかわいい)

 

オムライス美味しかったです!約半年越しの念願でした!卵トロトロで油と鉄のフライパンで料理した感じがして良かった!売り切れたらしい。これが経済効果ってやつか!

好きなオタクに手紙を渡した日。超絶ハッピー。

 

 

 

特典会

 いきなりせーのでハッピーバースデー!歌われてしまった。誕生日じゃないです。特典会が50回目で、たまたま整理番号が初めて1番だっただけの日で、この先1か月会える予定がない日。特別な日かな?何故か数日前から特典会がモフの気がして(とんだ勘違いだ)、でも前日の特典会がモフだった日。それで夜中に少し(かなり?)落ち込んでしまっていたら、それがきっかけで誕生日だと思われたらしい。脈絡が無いね。オタクのツイートよく見る人。本当に二丁魁さんたちはおなカマさんの話をよくするんだねぇ。私の事は気にしないでほしいって思うけどやっぱりモフとは会いたい。強欲だから会えないんでしょうね。

「またモフずっと沢山着るから」とのこと、レアなモフに関して言質頂きました!獲ったどー!!!(本当はすごく嬉しくて後で少し泣きました)

終始笑いが止まらなくて意味が分からなかった。けどまた大好きを深めてしまった。

 

 

 

 

タイトル 追記

(本当は特別な日。大好きな人たちやオタクに会える日は特別な日なんだよ。)